無利息キャッシング〜SMBコンシューマーファイナンス プロミス〜

SMBコンシューマーファイナンスのプロミスには、プロミスをはじめて利用する方のうち、30日以内にポイントサービスに申し込んだ方を対象にした「30日間無利息サービス」があります。
「30以内にポイントサービスに申し込んだ方が対象」という条件があることから察することが出来るかもしれませんが、初回利用者を対象にした無利息キャッシングの場合、契約締結日もしくは初めて借入れした日(またはその翌日)から起算し〇日間無利息、というのが一般的ですがプロミスは違います。
初回出金前にポイントサービスに申込むと「初回出金翌日から起算して30日間無利息」、初回出金後にポイントサービスに申込んだ場合は「ポイントサービス申込み後、利息以上の返済をした翌日から起算して30日間無利息」となりますが、初回出金後にポイントサービスに申込み初回借り入れ分を完済するまで新たな借り入れを行わなかった場合は「再度出金を行った翌日から起算して30日間無利息」になります。
つまり、プロミスの30日間無利息サービス適応期間は、ポイントサービスに申込んだタイミングにより異なるので初めて借りる時は少額なので無利息にならなくてもいいけれど、来月ある程度まとまった融資を受けようと思っているので次回借り入れ分から無利息になってくれると嬉しい、といった場合などはタイミングを計ってポイントサービスに申し込むといいでしょう。いくつかある即日融資 消費者金融、無利息キャッシングの中で無利息期間を調整できるのは現在のところプロミスだけです。上手に活用していくと利息を大幅カットすることが出来大変お得です。

キャッシングの申し込み方法

キャッシングサービスを利用するにあたり、「家族にバレたくない」「誰にも知られず利用することは出来るのか?」と心配される方は多いと思います。キャッシングのお金借りる申し込みといえば店頭へ行って手続きする、もしくは電話で申込みをする方法しかなかった時代もあります。ですが、今は、店頭窓口、電話、FAX、自動契約機、インターネット・WEBなど多彩な申込み方法を用意する金融機関が増えてきているのでニーズに合ったキャッシング申し込み方法を選ぶと良いでしょう。
ちなみに、店頭窓口や自動契約機での手続きの場合「誰に見られるか分からないので不安」という方をはじめ、忙しくて日中リアル店に行って手続きするのが難しいという方達から人気なのがインターネット・WEBからの申し込みで、今やキャッシング申し込み方法の主流となっています。
インターネットやWEBからの申し込みは時間・場所を問わずいつでも気軽に行えるので大いに活用したいところではありますが留意しておくべき点もあります。インターネットから申し込みを行い契約締結まで電話連絡などなくインターネット上で完結できる金融機関もあります。ですが、必要書類の提出については、スキャンしたものや携帯やスマートフォンのカメラで撮影した画像をメールに添付すればOKというところもあれば、FAXまたは郵送で送らなくてはならないなど金融機関によって対応はまちまちです。
インターネットからの申し込みは大変便利ですが、金融機関ごとに対応が異なるため必要書類の提出方法についても確認のうえ申し込み先を決めるようにしましょう。

初めてのキャッシングも安心!

初めてお金を借りるときには、誰でも不安を感じるものです。
申込がどのようにすればいいのか?
審査に通過できるのかどうか?
返済はきちんとできるのかどうか?
様々な不安要素を抱えることでしょう。
初めてキャッシングを利用される方は、できるだけ多くの情報を入手するようにしましょう。
借りる先についても、単純に金利が低い先を選ぶのではなく、返済完了まで不安のない状態で利用できる先を選ぶことが大切です。
まずは、あまりマイナーな先を選ぶことは避けるようにしましょう。
インターネットなどでキャッシングについてしらべてみると、大手を中心とした即日融資口コミ情報が多く掲載されています。
これらの先から、評判のいい先を数社ピックアップして、自分に合った先を選ぶようにしていきましょう。
ホームページ上では、キャッシングについての様々な情報も記載されています。
今後、キャッシングを利用する上で参考になるものも多いので、有効的に活用するようにしましょう。
これらの情報を元に、全体の流れを理解するようにします。
申込は、窓口の他、インターネットなども利用することができます。
返済についても、口座振替、振込等、自由に選択することができますので、自分に合った方法を指定するようにしましょう。
初めてのキャッシングでも、きちんと理解した上で安心して利用することができるはずです。
多くの情報を自分のものにして、十分に活用していくようにしましょう。

金利計算を時々するとアコムがお得に利用できる?

借り入れ後時々金利計算をしていますか?最初に返済シュミレーションをして、しっかり利息計算などをしていて追加借り入れをしていなければ、あまり金利計算をする必要性はないように思います。
しかし、返済期間が長ければなかなか返済のモチベーションを保つことが難しくなる部分もあります。時々は自分がそれまで返済してきた金利分を確認すると早く完済したい、と決意も新たにできそうですね。
アコムでは、利息は借りた期間だけかかることになります。いつでも返済することができますから、たとえ1日だけであっても早く返せばその分の利息がお得になるのです。
もしもあと○日早く返済したら、いくらぐらい利息を減らすことができるのだろう、といった具体的な金額を知れば、繰り上げ返済もしておこうという意欲も固まるのではないでしょうか。いくら繰り上げ返済がお得であると知っていても、実際には入金するのが面倒と思ってしまいやすいのです。
アコム お金の借り方では、ネット返済もできます。わざわざATMに出かけて返済するのはちょっとイヤ、という時にもネット返済ならいつでも思いのままです。これも随時返済や一括返済へのサポートととらえることができますね。消費者金融の中には、一括返済や繰り上げ返済をした場合に手数料を支払わなければならないところもあります。こういったことから考えると、アコムのいつでも返済できるというお得なサービスを利用しない手はありません。

キャッシングを無人契約機で申し込む

消費者金融のキャッシングをはじめるとき、申込方法として以前は店舗窓口で担当者と対面形式で申込をする方法でしたが、無人契約機が全国の店舗に設置されるようになってからは、顔を合わせずに申し込みができることから急速に利用者が増えていきました。
無人契約機から申込むときは、カードローン 審査で申込者本人かどうかの確認をするので、本人確認書類の運転免許証や健康保険証、パスポートなどを忘れないように持っていきましょう。
無人契約機は店舗内の区画されたブースに入り、無人契約機の前に座わってタッチパネルをガイダンスにしたがって指示されたとおり順番に操作して進めていきます。
もし操作でわからないことやキャッシングについて不安なことがあったら備え付けの電話を使ってオペレーターと相談しながら進められるので、機械操作が不慣れな人でも安心してすすめられます。
最後に審査が終わって契約を終えればカードの発行をしてもらえるので、カードを使って併設してあるATMや提携コンビニATMからカードを使ってお金が引き出せるようになります。
無人契約機は土日といった休日でも審査がおこなわれているので、休日にお金が必要になったときでも、必要書類を持って無人契約機へ行けば即日融資も可能です。
インターネットを使った申込みで、即日融資を受けたい時にも無人契約機は利用でき、審査が銀行の営業時間内に終わらなかったときは、インターネットから仮審査までを済ませ、無人契約機へ行って本審査を受け、審査に通ればカードの発行をしてもらうことができるので銀行の営業時間外でもお金を引き出すことが可能になります。

低金利のカードローンを利用する

キャッシングには消費者金融のキャッシングや銀行カードローン、クレジットカードを使ってキャッシングなどがありますが、低金利でキャッシングをするには銀行カードローンがおすすめです。
おなじキャッシングをするのなら、できれば金利の低いところと考えるのは誰しも同じだと思いますが、金利と審査の関係からみると、金利が低いほど審査が厳しくなるということで、日常生活で一時的に利用するくらいの金額を借りて短期で返すつもりで利用するのであれば、さほど大きな差は出ませんし、その日に借りたいといったときは審査の通りやすい消費者金融を選ぶのもよいかと思います。
消費者金融の金利を見るとさほど大きな違いはありませんが、銀行カードローンは銀行が独自の基準で金利を設定していることや、融資限度額が総量規制の影響を受けないため審査に通れば高額融資が受けられます。
消費者金融の金利は4.5%〜18.0%程度ですが、銀行カードローンの金利が最も低いところでは3.5%〜10.0%といった低金利で融資しているところもありますが、金利を比較する場合日常生活で借りる程度のお金や初回利用時は上限金利が適用されるので、上限金利で比較をしなければなりません。
たとえばこの例のような場合、消費者金融 即日融資の上限金利は18.0%で、銀行カードローンの上限金利は10.0%になり、この18.0%と10.0%とを比較することになります。
ただ金利が低くなるにつれて審査が厳しくなっていくので、金利を低くおさえるためにはある程度の属性が必要になります。

銀行でお金を借りる

銀行でお金を借りるとき、商品として住宅ローンやマイカーローン、教育ローンといった目的ローンがありますが、日常生活で利用できる銀行カードローンもあります。
銀行カードローンの利用目的は何に使ってもよいことや融資を受けるための担保も必要なく、本人の信用度でお金を簡単に借りられる商品です。
消費者金融は総量規制の影響を受け融資限度額は年収の3分の1以内といった制限がありますが、銀行カードローンは銀行の審査に通れば年収の2分の1くらいまでは融資が受けられるようです。しかし年収の半分近くを借りてしまうと返済するためにかなりの負担がかかるので、必要以上のお金は借りないといった心構えや、「返済シミュレーション」などを利用して無理なく返済が続けられるためにも返済計画をたてることが必要になります。
カードローンの使い方として、お金を借りても翌月の給料日に一括で完済するといった使い方は便利ですが、毎月の生活費が足らないときに補うといった使い方はやめておくべきで、当月乗り切ったとしても翌月また足らないといったことが続き、いつまでたっても完済できません。
銀行カードローンは、銀行でお金を借りているといった安心感や金利も低いところに人気がありますが、慣れてくるとキャッシュカードと同じ感覚で使うようになり、お金を借りているといった感覚が薄れ、無駄なお金を借りてしまうこともあるので利用にあたっては、返済方法など含め十分な検討が必要といえます。

お金を借りる時のリスク

キャッシングは誰でもが簡単にお金を借りるシステムですが、貸すほうにもお金を借りるほうにもリスクがあることを認識しておく必要があります。
たとえばキャッシングができるようになり、借入金額を手にしたけれど思っていたのとは違い返済することができなくなり、そのためにほかの金融会社に借入を申し込むということもあります。もしそうなってしまうと金利が雪だるま方式で増えていき、ますます返済ができなくなってしまいますが、貸したほうも資金回収ができなくなり、貸し倒れが増えると資金が回らなくなり、新たな貸付けができなくなってしまうというリスクがあります。
基本的にキャッシング会社はお金を融資することで事業が成り立っているので、申込者の審査はある程度甘くしても回収できるめどさえたてばいくらでも融資をしてもらえますが、借りる方はどれくらいの金額を借りれば毎月どれだけ払っていくのかを知っておく必要があり、リスクを回避して融資を受けるためには、自分自身でどれくらいの資産があって毎月どのくらいの収入があり、どれだけ返済に回せるかを把握して無理のない返済計画を立てる必要があります。
キャッシングは日常生活においてもうまく使えばいざという時に役立つアイテムですが、キャッシングに慣れてしまうとお金を借りているということにマヒしてしまい、何とかなるだろうといった安易な気持ちで余分なお金を借りてしまうことがありますが、キャッシングをするときは金利を払わなければならないということを念頭に置いて、くれぐれも余分なお金は借らないという意識を持つことが必要になります。

キャッシングを無利子で利用する

キャッシングにはさまざまなサービスがあり、中でも「無利息期間」を設けて新規顧客の獲得に力を入れている銀行や消費者金融があります。
無利息期間は、ほとんどが初回利用時に適用されるところがほとんどですが、無利子で利用できる期間や借り入れ方法はそれぞれのキャッシング会社で違いがあり、無利息期間中の金利を後日口座へキャッシュバックする銀行もあります。
無利息期間のサービスをおこなっているところは、消費者金融では「プロミス」、新生銀行グループの「ノーローン」や、銀行カードローンではジャパンネット銀行のカードローンや新生銀行の「レイク」などがあり、金利のキャッシュバックをおこなっているのが住信SBIネット銀行の「ネットローン」やみずほ銀行のカードローン、じぶん銀行の「じぶんローン」があり、地方銀行でもこのサービスをおこなっているところもあります。
無利子で利用できるサービスにはそれぞれ独自性を持たせていて、たとえばプロミスは会員登録をすれば初回利用時に30日間は無利息で利用でき、その後ポイントをためていけばあらためて7~30日間の無利息期間が利用できたり、「ノーローン」は完済をし、改めて利用するときに何度でも7日間の無利息期間利用できます。
無利息期間は短期で借りて短期で返すつもりならお得感はありますが、長期の返済になるとそれほどの影響はないように感じられるので、キャッシング会社を選ぶときは金利や利便性を優先し無利息期間はないよりましといった程度に考えるほうがよいように思います。

消費者金融と銀行の違いって何?

皆さんが借金をするところとして、思いつくのはどんなところですか?
大きく分けて2つがあげれるのではないでしょうか?それは、消費者金融と銀行。この2つについての違いはみなさんご存知ですしょうか?
まず、イメージの問題がありますよね。消費者金融は借金をする以外に利用方法はありません。銀行はお金を預けるところというイメージがあり、そこから融資を受けるにしても、とても健全なイメージがあります。しかし、消費者金融からお金を借りるとなると、今現在でもマイナスのイメージは拭いきれませんね。
消費者金融はもともと資本がありません。従って早期返済が目的です。ですので、その分利子は高めですが、審査も融資もなるべく迅速に行い、そして、利用者にも速く返してもらうという仕組みです。融資金額は大きくはありませんが、急なピンチの時には消費者金融はとても便利なサービスです。
しかし、銀行のローンは反対です。さっと返せるような額のローンはありません。カードローンというものがありますが、それはまた別です。通常の車や住宅などのローンに関しては、何十年もかけての返済計画になります。ですので、消費者金融と比べれば利子は断然低いです。そして、この審査に関しては、何十年もの安定した収入を見込まなくてはならないので、消費者金融の融資への審査よりは厳しくなっていることは想像がつくでしょう。
どちらを利用するかは、お金の使い道、借りたい金額、また自分のステータス等を吟味し、ご検討ください。>>即日融資 ランキング